2021.05.10 ... twitterのタイムラインに

会ったこともない人の訃報が流れてきた。

プロフィールを見ると

シンガーソングライターと書かれてあったので

親近感が湧いたのか??

なぜかすごく気になってしまった。

今、楽しそうに笑っていても

死んでしまうのだ。

本当に人間は急に死んでしまうのだ。

親父の死から

死を意識することが多くなったと感じる。

発表できていない曲が多すぎる。

まだまだ発表したいから

「死にたくない」って思う。



10代、20代の頃は

「人生を燃やし尽くすように太く短く駆け抜けるんだ」

なんて嘯いてた。

この間も20半ばの同僚が

「50までには死ぬんで」みたいなこと言ってた。

それを聞いて「懐かし〜」って思った。

若い頃ってみんなそう思うんだろうね。

いや、お客さんのじいちゃんばあちゃんでさえ

「もうすぐ死ぬから」って言う。

そうなかなか都合よく死ねないんだよね。




ポエムタイム

「命なんて惜しくないって思えるのは

健康だからなのだ

命の尊さに気づく頃には

もう先は短くなっているのだ」



「だれもが自分が死ぬことばかり考えて

他人に死なれること

この世に取り残されることを考えていない

さっさと死んでイチ抜けたなんて

そう上手くいかない」



縁起でもないこと言いたくないけど

いつ脳出血や心臓止まるか分からん。

あとどれだけ生きられるだろう?

人生を名残惜しいと思う気持ちは

残された人生の短さに気づいた者にしか分からない


こんな話して

ぼく、別に身体悪いところとかないですよ。

でも

死ぬまでに後どれだけ作品を出せるのか

最近はそればっかり考えてる。