BLOG

2020.06.30 ... 6月中にアップしたかったから無理矢理書く

年を追うごとに自分についていた嘘がどんどん剥がれていく。

 

・左手がウズウズする。

ぼくは元々左利きだったようだ。

食事のマナーに良くないという方針の親に矯正させられた。

箸を右で使っているうちに右を使うようになったらしい。

ピアノにのめり込んだのは左を蘇らせようとしていたのかな?

それとも左手(右脳?)の逆襲かな?
 

 

・甲殻類アレルギー

元々エビの匂い苦手だった。うえっってなってた。

中学高校あたりで天丼とか食べられるようになって

「好き」ってなったこともあったけど

5年ほど前にやっぱりダメってなってきて今では匂いだけで気持ち悪い。

なんていうか「食べられないことは情けないこと恥ずかしいこと」

「克服することは素晴らしいこと」という観念に支配されていた気がする。

ダメなもんは仕方ない、諦めることを教えてくれた気がする。
 


 


・ぼくは思っていた以上に精神的に弱い。

前から分かっていたけどものすごく神経質で、思っていた5倍くらい精神的に弱い人間だ、ぼくは。

これも「強くあらねばならない」という気持ちが大いに邪魔をしていたよう思う。

まぁ「強がる」というやつだ。

長く強がっていると本当に強くなったように勘違いする。

弱さを忘れてしまう。弱さを見なくなる。見られなくなる。自分のも、他人のも。

それに「ぼくは弱い人間で(ポロリと涙)」と弱いことを武器にしているやつらに対する

「ああいう人間にだけはなりたくない」という嫌悪感もあった。

今思うと「弱さを武器にする」って賢いというかそれこそが強さなのかもとか思う。

まぁぼくは「ズル賢さ」を好きになれない性格でもあった。

 

 

だからと言って急に今「ぼくはとても弱いのでいつも優しく接しなさい」と言っても通らない時代だ。

いや、そんなもんいつの時代でも通らない。

無理のないようにやっていくしかない。

 

 

・ぼくは社交的ではない。

「社交的に振舞っていたこともあったが全然続かない。全然ダメ。集団の中でうまくやれたことがない。」

ということを書こうと思ったけど。

週間プレイボーイの好きだったコーナーでクドカンが

「そんなん逃げだ、ダメ」ということを言っていて

すごく的を得ていると思ったのでやめておこう。

 

 

……と思ったが、それは「人見知り」についてだった。

クドカン自身も「ぼく人見知りなんですよ〜」とよく言っていたらしいんだけど

それは言っちゃダメだろ逃げだろって思ったんだって。

 

 

ともかく

すべての人にあるように、ぼくにも色々と問題がある。

と気づいたこのごろ。

 

 

【追記】

あ、このブログ最低月1回は書くね。

どうやら見に来てくれている人がいるらしい。。。カンだけど。

誰かに「読んでます!楽しみにしてます!」と言われた訳では無い。

誰一人そんなことは言ってくれない(ぼくらしくて良い)

ただ第六感が言うんだ。

「待ってる人がいるよ」

ってね。


2020.05.16 ... 歌というものについて見つめ直す新企画中止


他人を羨むようになったのは素直になったからか。。。

 

ある人のツイキャスを聴いて「良い歌声だなぁ」

思うと同時に自分の歌に対する違和感が生まれた。

「人がはじめて歌う時アカペラだ」。。。よね?

その頃は空間(部屋とか草原とか)に響かせるように歌っていた(と思う)

マイクで歌うことに慣れると歌い方が小さくなってくる。

あの亀頭部分(すまん。名称わからん)を狙って声を入れるのが効率的だと思いはじめるからだ。

 

 

さらに邪念も(いかにも邪念という趣で)ドロドロと湧き出てくる。

「できるだけ喉を消耗させたくない」

「なるだけミスは避けたい」

そんなこんなでどんどん縮こまった歌い方になっていく。

(*個人的見解です。)

違うだろ、と。

また一からやり直しだ、と。思ったわけです。

 

人前でライブできない今。

「これを好機に!」

とトチ狂ったぼくは好きな歌をカバーして動画をアップしていこうと思いついた。

 

そして取りかかり始めたのだが

これがまぁ全然ダメ。

何本か録画もして、自分で観ていたのだが

「つっっまんねぇなぁ、これ」

 

      「ひょっとしてぼく歌の才能ない……」

 

結論から言うと「ない」んだけど

詳しく言うと「他人の曲を歌って惹きつけるほどの才能はない」ってこと

それで半日ほど意気消沈していた。

しかし、寝て起きてアイス食って冷静に考えると大体「ない」んだよね。

プロの歌手でもなかなか「ない」ことなんだよ。

まず声の良さ。

相当の思い入れ、歌い込み。

相性。

それらがそろってないと聴けたもんじゃない。

しかも聴く人によって好き嫌いまであるときた。

 

行き着いたのが「自分で作った曲をしっかり歌う」という

元の場所。

カバー企画は中止だけど歌い方は変化していく予感がする。

これからもグルグル回り続けるのでしょう。

 


2020.04.29 ... 久しぶりにビデオを作った。

「作ったよ〜」とSNSに投稿宣伝することに疲れてきたのはなぜか。。。

なにか反応があるんじゃないか?って期待するからかな。。。

失望することに疲れた??

期待してるつもりはないんだけど

「投稿宣伝するという行為=期待する」

と自分の中で自動変換システムができあがっている気がする。

新しい曲ができた時、自分の中で

「こいつはすげえもんできちまったぜ。。。」ってなってるからね

その気持ちが冷めたあたりで投稿宣伝するとしよう。

冷めやすい性格だし。

 

 

それにしてもYoutubeやこのブログにこっそり作品をアップするのはなんだか楽しい。

そういう性格なのだろう。

まとめると冷めやすくこそこそやってウキウキする性格。


2020.03.01 ... 3/25の下北沢でのライブについて

20200325ライブ

と言っていたのですが

ナチョスが帰国を見送ることになり

ぼくは「じゃあ今回はライブをやめておこう」と思った。

 

しかし、すでに出演が決定している方々が

「ナチョスいようがいまいが気にしないでくれ。やるよ」と言ってくれていたり

 

企画者の一人であり会場「下北沢three」の副店長が

「自分が代わりにドラムを叩くことでできるんであればやってほしい」と言ってくれたり

 

で、そういう熱い気持ちに意外と弱い&意外とアイデアマンな ぼくは

「石川真平(ピッピスタア トリビュートバンド)」

という名前でなら自分の心も納得した上で出演できるなという答えをヒネり出し、

自分自身の意外な一面に自分で驚くのであった。

 

 

ということで

8月のピッピ

↑ のメンバーでライブする予定だったのですが

一番右の人が違う人になります。

そして写真にいない人との別編成での演奏もする予定です。

 

 

3月25日(水) 【会場】下北沢three

ぼくらの出番はトップバッターの19:30

前売り 2200円 / 当日 2500円 (+1ドリンク)

 

来てね〜。

 


2019.11.21 ... 11月28日木曜のこと

もう来週なのに詳細を載せるの忘れていた。

ピッピスタアではない別バンドなのにここに情報を載せるという。。。

でもあまりここでは書きたくないので

石川真平 個人の活動は twitter[ @putyuma ]でチェックしてもらえると嬉しいです。

facebookの個人ページには情報載せないと思う。。。

 

11/28(木) 21:40〜 吉祥寺Daydream という場所で歌います。

3人のバンド編成。No sorry という名前で出ます。

前売 1500円、当日 1800円 & 別に1ドリンクを注文しなければならない とのこと。

 

ドリンクっていくらなんでしょうね?

ぼくもあまりライブハウス行かないんですが、一番直近で行った時は600円でした。

なので予約して行く人は 2100円以上持ってたら大丈夫だと思う。

もし2100円きっかり持ってきて足りなかったら受付からぼくを呼んでください。

たとえぼくらの演奏中でも大丈夫(気づくかはわからない・・・)

 

もし吉祥寺まで来てお金足りないことに気づいても

同じ方法か

ぼくに連絡もらえればできる限りなんとかしようと行動します。

ここへのコメントでもtwitterを通してでも連絡してもらって良いです。

予約も是非してください。300円安くなる上キャンセル料は発生しません。

コメントやtwitterが嫌なら ここから → http://pippistar.com/contact/

ではでは〜


2019.09.30 ... スタア誕生

二十歳の頃付き合っていた人に

「みぃ」(関西弁) と言われて観た

「スター誕生」という映画。

 

酒浸りの人気ロックミュージシャン(男)が無名の歌手志望女子と出会い

その歌の才能に惚れ自分のライブのステージに上げたら

あれよあれよと言う間に歌手志望女子は人気になり

二人は恋に落ちるも、男は落ちぶれていく

という筋書きが気に入った

すた誕

主演の俳優が着てるテロっとしただらしない黒シャツがかっこよくて似たようなの買いに行ったのを思い出した。

なんだかその頃は男の落ちぶれ感がセクシーでカッコイイなと思ってた

少し長めの髪がなぜか濡れてたり、

ハラリと顔にかかったり

酒やドラッグに浸り

倒れていたり

今でも少しはその気持ち残ってるけど

基本的には「アホだな」としか思わなくなってしまった。

多分、自分が落ちぶれ男に片足突っ込んどるからやろね。

あ、でも落ちぶれるには一度上がっていないといけないから

低空飛行続けている感じか。

きっと大抵の人がそうなのだろう

落ちぶれるにも一苦労って訳で

だからカッコイイと思えるんだな。

 

1937

 

当時気になって調べたら

その作品はリメイク(1976年版)であり

オリジナルは「スタア誕生」という。

その記憶が残っていてスタアになった。ピッピスタア。

 

アリー

そんな因縁あり

「またやっとるな」と引っかかっていた「アリー / スター誕生」を観た。

出世話というのは観ていて気持ちがいい

出会い〜歌手志望女子をステージに上げるまでが大サビ。そこが好き。

 

今ググったら、この映画3回目のリメイクやねんな。

つまり4個(1937年版、1954年版、1976年版、2018年版)ある。

間がそれぞれ17年、22年、42年。

次やるならいつやろう。かなり未来版だろうね。

今から想像して作ってみたいわ。このぼくが。この俺様が。

スタア誕生

最後に

11月28日に久々に人前で歌うことになりそうです。

ピッピスタアではないです。どういう形態での演奏かもまだわかりませんが

すでに準備に取り掛かっています。

予定あけといて。


2019.08.31 ... 実際に動くのは2020年か?

8月のピッピ